令和1年10月19日湧別町内で密漁被疑者を逮捕(遠軽署)

令和1年10月19日湧別町内で密漁被疑者を逮捕(遠軽署)

北海道警察HPより

 遠軽署は17日までに、共謀して、今月4日に紋別郡湧別町内の河川において、さけを密漁した無職の男(46歳)ほか1人を水産資源保護法違反で逮捕した。

鮭は美味しいけれど、1本まるごと買おうとすると1万円前後したりする魚なので、身近な川で泳いでいたりすると、獲って食べてみたくなるのも分からなくも無いのですが、規制されている所で釣りでもして鮭を獲ると、密漁という犯罪になり逮捕されてしまいます。

規制については北海道庁の以下のサイト「フィッシングルール2019」を参照して頂き、遊びで釣りをしていながら誤って犯罪を犯さない様にして頂くのが肝要と思います。

密漁をして逮捕されると以下の罰則が適用される可能性が有る様です。

漁業法 第百三十八条 次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

容疑者が、仮に100万円の罰金で済んだ場合でも、無職の46歳の男が払えるのか?を考えると非常に難しいと思いますし、今後払っていくとしても人生的にも大きな苦役となるでしょう。

それを考えると、たかだか鮭1本1万円のために100万円払うかも知れない事をするのって、馬鹿のやる事の様に思えます。

それに次のニュースにも容疑者が「無職」なのがちょっと気になります。