公益社団法人 紋別地方法人会

公益社団法人 紋別地方法人会

こちらは紋別市にある企業支援団体の様です。

この様な団体が、存在していた事を初めて知りました。

目的から言えば紋別商工会議所と紋別地方法人会は統合しようと思えば出来ると思われますが、法律が違うのと所管する所が経済産業省と財務省の違いがあり、縦割り障壁のため出来そうもありません。

こういう非効率な公益法人が、日本の恒常的な税金の垂れ流しと、消費税10%に増税する事に繋がる事になると思っています。

この様な、官僚のオレオレ詐欺的な行為によって、日本国民から必要性の無い消費税を10%も分捕る行為が、国会の承認のもと公然と行われているのです。

貴方の稼いだ稼ぎを、財布に入れて、商品を購入すると10%の消費税が付くことになるのです。

そんな財布から10%の金を巻き上げようとしている泥棒を放置している日本の国民は、馬鹿なのでしょうか?