令和1年6月5日遠軽市内で窃盗被疑者を逮捕(遠軽署)

2019年6月19日

令和1年6月5日遠軽市内で窃盗被疑者を逮捕(遠軽署)

北海道警察HPより

 遠軽署は5日までに、共謀して、本年5月に紋別郡遠軽町内の事務所において、工具などを盗んだアルバイト従業員の男(21歳)を窃盗で逮捕した。

この事件を推測すると、アルバイトで雇っていた従業員が、会社の工具をパクった。という事の様に思えます。

逮捕された被疑者は「馬鹿なことしたモノだ」とは思いますが、それだけで済まない様にも思えます。

この事件の背景を推測すると、日本の若者がゆとり教育の影響かもしれませんし、アルバイトという雇用形態の人間は人として信用に足りない者と化してしまった可能性も考えられます。

逆に会社という組織もブラック企業が多数存在している事から、従業員にばかり法律を守る様に要求しておきながら、会社側が違法な雇用状態だったりすると相互に不信が蔓延し、会社統治すらままならなくなる様にも思えます。

何故か言い知れない不安というか、大げかも知れませんが日本の秩序が崩壊していく過程に生きているのかもしれない気がしますし、これがアノミーと言う奴の前触れみたいなモノでは無い事を祈りたいですね。

※「アノミー」についてデジタル大辞泉より

1 社会的規範が失われ、社会が乱れて無統制になった状態。ある社会の解体期に発生する。社会学者デュルケームが用い始めた語。
2 高度に技術化・都市化した社会で、親密感が欠けることによって起こる疎外感。