平成30年4月12日紋別市内で過失運転致傷、酒気帯び運転被疑者を逮捕(紋別署)

平成30年4月12日紋別市内で過失運転致傷、酒気帯び運転被疑者を逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

 紋別署は12日、今月7日に紋別市内の道路において、酒気を帯びた状態で普通貨物自動車を運転中、普通乗用自動車に衝突して50歳代男性に怪我をさせた漁師の男(38歳)を過失運転致傷と道路交通法違反で逮捕した。

そもそも酒を飲んで車を運転する事自体が犯罪です。

何で酒を飲んで車を運転するのか?

結局、自分に対する甘えなのだと思います。

この様な事件は本人だけで酒を飲んで運転したとは思えませんね。例によって他の人と酒宴して帰りに車を運転しただろう事も想像出来ますし、酒宴した連中も酒を飲み、たまたま事故に遭わなかっただけだと思います。

滝上町役場の連中もしかり、今回の漁師の連中もしかり、人としてやってはいけない事を自覚するべきですし、自分に対する甘えが、自分の仕事の甘えに繋がり、他の地域より自然に恵まれているにも関わらず、地域間競争で後れをとって行く事に繋がると思います。

「甘ったれるのも、いい加減にしろ!」と思いますね。