えんがる商工会と遠軽商工会議所

えんがる商工会と遠軽商工会議所

遠軽町は町なので商工会があるものと思っていましたが、商工会と商工会議所が両方有る様です。

えんがる商工会および支所が旧町村にあるのは分かります。しかし、市政以上にしか認められていない商工会議所が遠軽町にあるのは町村合併による特例なのでしょう。

商工会と商工会議所がある事が役割的に紛らわしいので、差異について以下の様に調べてみました。

区分 商工会議所 商工会
根拠となる法律 商工会議所法 商工会法
管轄する官庁 経済産業省経済産業政策局 経済産業省中小企業庁
主たる地区 市および特別区の区域(例外あり) 町村の区域(例外あり)
組織構成 日本商工会議所(全国組織) 全国商工会連合会(全国組織)
商工会議所連合会(都道府県) 商工会連合会(都道府県)
商工会議所(市、特別区) 商工会(町村)
会員の規模 地区内の小規模事業者が中心
であるが、商工会と比較すると
中堅・大企業の割合が高い
地区内の小規模事業者が中心で、
9割を超える会員が小規模事業者
事業 地域の総合経済団体として
中小企業支援事業の他、
原産地証明、商事紛争の
仲裁等国際的業務
中小企業施策、特に
小規模事業施策に重点を
置いており、事業の中心は
経営改善普及事業
組織の意思決定 選挙で選任された議員による
議員総会で決定、議員選挙は
会費1口当たり1票
全ての会員に参加する権利がある
総会で意思決定、1会員1票
設立要件 地区内の特定商工業者の過半数が
同意(会員要件なし)、経済的基礎・
施設・職員を有すること
地区内の商工業者の2分の1以上が
会員となること

他の商工会の様に、ネットによる情報発信の役割を担っている訳でも無い、えんがる商工会。

HPを見る限り、どこぞと似た様な情報発信しかしていない、遠軽商工会議所。

経済産業省の子供の使いパッシリしかしていない様に見受けられる。

もっと効率的で効果のある業務の見直しをした方が良いと思うが、楽して金を貰えている現状を変えるつもりも無いのだろう。