平成31年1月22日紋別市内にて暴行・傷害事件発生(紋別署)

2019年1月25日

平成31年1月22日紋別市内にて暴行・傷害事件発生(紋別署)

北海道警察HPより

傷害被疑者の逮捕(紋別署)

紋別署は22日、紋別市内の住宅において、50歳代女性の顔を殴って怪我をさせた無職の女(36歳)を傷害で逮捕した。

暴行被疑者の逮捕(紋別署)

紋別署は22日、紋別市内の住宅において、30歳代女性の顔を殴った無職の女(58歳)を暴行で逮捕した。

この2つの事件はおそらく親子喧嘩が暴行に及び、相手を傷害負わせる重大事案に発展し、両者が警察に逮捕されるに至ったものと推察する事が出来ます。

両者が無職で有る事を考えると「ちゃんと真面に働け!」と母親が怒り、「うるさい~!好き好んで生まれて来たんじゃない!!勝手に生んだあんたが悪い!!」などと母娘間で売り言葉に買い言葉の応酬が発端で、そのうち手が出て殴り合いの喧嘩になり、娘側が母親を骨折させる重症を負わせる事態から病院沙汰となり、警察沙汰に発展したのではないでしょうか。

お互い殴り合いの喧嘩になり、両者が逮捕される事となったようですが、何方が悪かったのかを考えると、娘側が悪いのは否定の出来ない事実だと思われます。

娘が無職に至った経緯などを考えると可哀想な社会的背景が考えられます。例えば日本の悪政であるブラック企業の放置で人生を狂わせたのかもしれませんし、バブル崩壊でデフレを生み就職氷河期を生んだ日銀の責任とも考えられます。

ちなみにバブル崩壊(1991年)以降の自殺者が以下の表の様に年間1万人以上も生んでいます。日露戦争でも日本側の戦没88,429人(靖国神社資料)であり、自殺者2万2千人以上をバブル犠牲者とする場合の人数の合計が165,573人なので、これはもうバブル戦死者と呼ぶに相応しい悪政による人災とも言えますね。

自殺者数および人口10万人中の自殺率の推移
自殺者数・人口10万人中の自殺者率
年度自殺者数(人)人口10万人中の

自殺率(人)

自殺者2万2千人以上を

バブル犠牲者とする

場合の人数(人)

合計男性女性合計男性女性
199021,34613,1028,24417.321.613.1
199121,08413,2427,84217.021.712.4
199222,10414,2967,80817.723.412.3104
199321,85114,4687,38317.523.611.6
199421,67914,5607,11917.323.711.2
199522,44514,8747,57117.924.211.8445
199623,10415,3937,71118.424.912.01,104
199724,39116,4167,97519.326.612.42,391
199832,86323,0139,85026.037.115.310,863
199933,04823,5129,53626.137.914.811,048
200031,95722,7279,23025.236.614.29,957
200131,04222,1448,89824.435.613.79,042
200232,14323,0809,06325.237.013.910,143
200334,42724,9639,46427.040.014.512,427
200432,32523,2729,05325.337.313.810,325
200532,55223,5409,01225.537.813.810,552
200632,15522,8139,34225.136.614.310,155
200733,09323,4789,61525.837.614.711,093
200832,24922,8319,41825.236.614.310,249
200932,84523,4729,37325.737.614.310,845
201031,69022,2839,40724.735.814.39,690
201130,65120,9559,69624.033.714.88,651
201227,85819,2738,58521.831.013.15,858
201327,28318,7878,49621.430.313.05,283
201425,42717,3868,04120.028.112.33,427
201524,02516,6817,34418.927.011.32,025
201621,89715,1216,77617.324.510.4
201721,32114,8266,49516.824.010.0
年度合計男性女性合計男性女性合計(人)
自殺者数(人)人口10万人中の

自殺率(人)

165,573
注:

  • 2010年以前は警察庁の統計、2011年以後は厚生労働省の統計です。

平和ボケしている人は戦争反対と叫んでいる様ですが、悪政は国民を戦争でもないのに人が死に至るという実例でもあると言えます。

この様な悪政のひずみにより、就職氷河期を生み、無職で今も苦しんでいる人が居るのでしょう。

日本国の主権は国民に有ると言われていますが、全ての人に被選挙権が有る訳では無く、金を持たないと選挙に出れないという経済的差別が未だに残されている差別に国民が気づかないと、抜本的対策に至る事は無いと思いますね。