平成31年1月20日紋別市内で窃盗(車上ねらい)事件の発生(紋別署)

平成31年1月20日紋別市内で窃盗(車上ねらい)事件の発生(紋別署)

北海道警察HPより

  平成31年1月20日午後11時ころから21日午前4時ころまでの間、紋別市内のバス会社駐車場内において、駐車中のバス4台から現金が盗まれました。

この事件ってある程度、犯人が特定出来そうですね。元会社関係者(元従業員など)ぐらいしか犯行を思いつかないでしょう。

この事件はきっとバスの料金箱に入っていたのを盗んだと思われますが、この様な犯行に及ぶ人は過去に軽微な窃盗をなんかを繰り返していていなければ、バス4台も盗むなんて大胆な犯行に及ぶことは難しい気がします。

過失による犯罪行為ならいざ知らず、日本は故意犯の再犯の恐れのある犯罪者に対しての制度設計が甘い気がします。憲法に基本的人権の尊重が謳われておりますが、こういう人は再犯の恐れありとして、一般社会と永遠に隔離する様な処置が必要な気がします。