平成30年11月21日湧別町内で作業事故の発生(遠軽署)

2018年12月4日

平成30年11月21日湧別町内で作業事故の発生(遠軽署)

北海道警察HPより

 21日午前8時10分頃、紋別郡湧別町内の山林において、伐採作業中の50歳男性に倒木が当たり、搬送先の病院で死亡が確認された。

追加記事

  平成30年11月21日午前8時ころ、湧別町の山林内において、樹木伐採作業に従事していた作業員が、頭部から出血して倒木脇で倒れているのを同僚が発見し、救急搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

2年前の今頃に紋別市でも林業に従事していた方が亡くなりましたが、今度は湧別町で痛ましい事故が発生した様です。

林業に従事している方の死亡事故が顕著な気がします。

危険と隣り合わせなればこそ、危険が及ばない様にチームでの声掛けが重要の様な気がしますし、従業員の注意が散漫になるのであればそれは経営者の責任ですね。

自分の会社から死亡事故が発生しない様に、従業員から嫌がられても口が酸っぱくなるほどに、ガミガミ言って注意喚起する事が重要だと思います。

つまり死亡事故発生は会社の責任者の責任なのです。