平成30年9月19日紋別市内で傷害被疑者の逮捕(紋別署)

2018年9月22日

平成30年9月19日紋別市内で傷害被疑者の逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

 紋別署は19日、本年7月に紋別市内の住宅において、10歳未満女児の身体を蹴って怪我をさせた漁師の男(27歳)を傷害で逮捕した。

追加記事

平成30年7月21日ころ、紋別市内において、被害者の背中を蹴り、傷害を負わせた男を逮捕しました。

平成30年9月21日北海民友新聞紙面より

5歳の娘蹴る 市内の男逮捕

紋別警察署は、7月21日頃に自宅で5歳の娘の背中を蹴って怪我をさせた疑いで、19日、市内の男を逮捕した。

児童相談所からの通報を受けて捜査を続け、容疑が固まったとして逮捕したもの。調べに対して男は容疑を否認しているという。

漁師の男(27歳)は相当に頭が弱い様ですね。

小学校にも入学していない5歳の娘を、大の大人が背後から蹴る必要があるのでしょうか?

全く考えられませんね。

小さくて体重の軽い娘を、体重が重く力ある男性が蹴った場合、娘は軽く蹴り飛ばされるでしょう。

蹴り飛ばされた後、床や壁に体が当たると同時に、蹴った際の加速が加わり重い頭もそのまま壁や床などに当たり、頭や顔なども衝撃を受ける事は火を見るより明らかであり、当たり所が悪ければ、脳挫傷で死に至る事すら考えられます。

なんか世の中、ミスとか過失とかという言葉では表せられない、愚かな行為が公になる事が多い気がしますね。

ゆとり教育と、馬鹿が増える確率との関係に何かしら因果関係が有るのでしょうか?