平成30年8月16日紋別市内で鳩の死骸の発見(紋別署)

平成30年8月16日紋別市内で鳩の死骸の発見(紋別署)

北海道警察HPより

  平成30年8月16日午後6時ころ、紋別市内の車道上において、女性が首の無い鳩の死骸を発見しました。

平成30年8月19日午後3時ころ、紋別市内の病院駐車場において、警備員が首の無い鳩の死骸を発見しました。

この様な動物に対する残酷な事件自体も嫌な耳にするのも嫌な感じですが、この様な事件が恐ろしいのは、犯人がエスカレートさせて行く傾向が有るという事です。

猫の首の無い死骸やら、犬の死骸など目にするようになり、最後には人に対しても手を加える様になったりと、ナチュラルキラー的な雰囲気を感じて恐ろしさを感じます。

今後の事件をどの様に未然に防いで行くのが良いのかを考えると、市民全体で異常の早期発見を心がける事で、犯人が容易に犯行に及ばない様な雰囲気作りが必要にも思います。