平成30年8月12日湧別町でゴムボートによる漂流事案の発生(遠軽署)

平成30年8月12日湧別町でゴムボートによる漂流事案の発生(遠軽署)

北海道警察HPより

平成30年8月12日午後0時ころ、湧別町の三里浜キャンプ場前のサロマ湖湖面において、男性1名と少年2名がゴムボートで遊戯中、風により漂流して岸に戻れなくなり、付近漁業者の漁船に救助されました。

ゴムボートって手軽に水遊びが出来るので、ついつい乗って遊んでしまいますが、風に流されると帰って来れなくなる位に、容易に流されてしまうので知識が無く遊ぶと非常に危険な乗り物になってしまい、海側で風に流されると永遠の別れになってしまいます。それでも幸いなことに、サロマ湖側で流されたのであれば、流されても永遠の別れになる事も無いため、最悪のケースだけは避ける事が出来るだけで、困る事になる事には変わりはありませんが、不幸中の幸いで漁船に救助されて良かったですね。