平成30年4月28日紋別市内で傷害被疑者の逮捕(紋別署)

2018年5月7日

平成30年4月28日紋別市内で傷害被疑者の逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

 紋別署は28日、今月26日に紋別市内の住宅において、40歳代女性の顔を蹴るなどして怪我をさせた農業ヘルパーの男(52歳)を傷害で逮捕した。

北海道民友新聞2018年5月1日紙面より

飲酒運転の男、DVでも逮捕

紋別警察署は28日午後4時14分、先に飲酒運転で現行犯逮捕していた市内の50歳代の男を、新たに暴行の容疑で、同署内で通常逮捕した。

同署によると男は4月26日午後10時ごろから同時40分ころにかけて、オホーツク総合振興局管内に住む女性宅で、この女性に対して顔を蹴ったり殴ったりするなどの暴行を加え、鼻根部挫傷など約8日間の治療を要する傷害を負わせた疑い。

その約2時間後となる27日午前0時31分ごろ、同署(南が丘町1丁目5番)の前で飲酒運転が発覚。同時59分に現行犯逮捕されていた。

これって「平成30年4月27日紋別市内で酒気帯び運転被疑者の逮捕(紋別署)」で逮捕出来ていたから、DVが発覚したのではないでしょうか?

この様なDV事件はたまたま発生していたのか、発覚していないDV事件の多くが内在化されているのか等を考えると、後者の様な気がします。

弱い者いじめの暴力野郎は、どれ位の人数が、隠れて居るのでしょうか?

この様な家庭内暴力の相談窓口は、紋別市内であれば紋別市役所の児童家庭課になる様です。

紋別市役所の総合案内に電話し 0158-24-2111(代表)の交換担当者に児童家庭課を案内してもらい、相談するのが一番気楽に出来そうですね。