平成30年4月17日遠軽町内で万引きの被疑者を逮捕(遠軽署)

平成30年4月17日遠軽町内で万引きの被疑者を逮捕(遠軽署)

北海道警察HPより

 遠軽署は17日、本年3月に紋別郡遠軽町内のコンビニエンスストアにおいて、本を盗んだ無職の男(57歳)を窃盗で逮捕した。

薄利多売のコンビニで万引きしたら、経営を圧迫して最悪のケースでは店を閉める事に成りかねない。

こういう人間が居ると、普通に真っ当に生きている人に対しても、疑いの目が向けられるので、店の雰囲気も悪くなるんですよね。

彼の犯罪による心理的、環境的被害は甚大だと思うのです。

こう言う情状酌量の余地の無い犯罪者は刑罰として、硫黄島で亡くなった英霊の遺骨収集に当たらせる様に、柔軟な懲役刑の運用が有っても良いのではないかと思いますね。

今年の3月に発生した犯罪を、ようやく逮捕に至ったのは捜査関係者の努力の結果だと思います。

捜査に関わった全ての関係者の皆さんに、気持ちだけですが

です。

犯罪が有ったら、被害に遭った人が通報するのはあたりまえ

通報された警察が、犯罪者を探し、逮捕するのはあたりまえ

警察の捜査に、情報を提供し協力するのはあたりまえ

普通にあたりまえの事は、あたりまえの様でいてあたりまえでは無いのです。

普通の生活を普通におくれるのは、普通ではなく

そこには見えないけれど、あたりまえの事をあたりまえの如く

愛と情熱であたりまえに見える様にしている人が居るのです。

その様にあたりまえの様にしている人こそヒーローかも知れませんね。