本間沢窯

本間沢窯

こちらは湧別町で陶器づくりをしている職人さんの様です。なんでも東京出身の窯主・鈴木義隆さんが、山口県萩市で修業して、友人と共同で斜里窯を開窯した後に、1995年に湧別町に移り住んで工房を開きましたとの事の様です。

上の写真の左端にプレートが見えるのですが、こちらが本間沢窯の工房の様です。

しかし、こんな山の中でって気がしますが、この様な過酷な環境が好きなのかもしれませんね。

その環境のせいでしょうか、素人の目で見ても、ただモノじゃない作品を作っているのがヒシヒシと伝わってきます。