総選挙で立憲民主党が躍進したようだが・・・

2017年11月16日

総選挙で立憲民主党が躍進したようだが・・・

衆議院議員総選挙で紋別区域は北海道第12区に該当し、今回の選挙では自由民主党の武部新氏が当選しましたが、北海道全体では当方の想定外な程に立憲民主党が躍進したようです。

その立憲民主党の躍進の裏では恐ろしい事が進行しており、平成29年10月23日の虎の門ニュースで青山繁晴氏が詳しく解説されておりました。

2時間程の長い動画ですが、地上波のテレビでは報道されない真実を有権者が確認できる機会ですので、時間を確保して腰を据えて見られるのが良いかと思います。



友人から「立憲民主党は希望の党と比べて10倍良い。」などの意見を頂いたのですが、当方は「立憲民主党の連中は、希望の党に入れてもらえなかった連中で有り、希望の党に行った民進党の連中と変わりが無いと思う。」と昨日の時点では意見を述べていましたが、この動画を見ると、日本共産党より更に過激な思想を持った共産党の一派である事が分かりました。

しかし、この様な連中を持ち上げるマスメディアもクズっぷりが際立っておりますが、JR北海道の労働組合って革マル派が牛耳っているから酷い分けですね。

それだもの北海道の鉄道事業が衰退の一途な分けです。

余談ですが、北朝鮮の工作活動の拠点が北海道に有るらしく、拉致被害も北海道が発端の様です。

また、拉致被害者が認定出来ない程、闇が深い様であり危険な感じがします。11月中旬以降には北朝鮮とアメリカの武力衝突が発生した場合は、北朝鮮の工作員が水道の源泉に毒物を散布して、日本を混乱させる工作活動も予想されるので、何日間分の水を確保した方が良いとの話も有り、当方は箱で飲料水を確保しています。

日本国内には北朝鮮の工作員が1万人以上潜伏していると言われており、有事の際は国内を混乱させる活動を行うと言われているので、十分に注意が必要だと思います。