平成29年9月10日道交法違反被疑者の逮捕(紋別署)

平成29年9月10日道交法違反被疑者の逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

 紋別署は10日、紋別市内の道路において普通乗用自動車を運転中、指定速度を27キロ超過する77キロで走行した会社員の男(59歳)を道路交通法違反で逮捕した。

指定速度27キロオーバーで普通は逮捕には至らず、青切符を切られて終了だと思います。それが逮捕になる事に至った理由として、これは推測ですが逃走した場合だけではないでしょうか?

逮捕後の最終的な処分としては、罰金刑が言い渡されるのではと推測しておりますが、逃走すると罰金刑と前科がもれなく付いて来るという、想像以上の代価を払う結果になる事件と言えます。