幌内歴史と生活の家

幌内歴史と生活の家

こちらは雄武町の北側に位置する幌内という地区の公共施設で、いちおう集会場の用途とか、キッチン等も備えている施設で、国道からも離れており、地域の住民以外には目に触れる事も少ないであろうと思われる公共施設の様です。

施設わきに立てられている看板の写真(下)を見ると、幌内の地区には文化財が結構有る様なのだが、文化財を大切に保管するでも無く、遺跡等の文化財は埋もれるがままの様であり、雄武町では他の町ほど郷土施設等が十分に整備されていない様である。

こうして見ると、雄武町にはまだまだ、一般的に知られざる観光資源が眠っていて居る様なので、もう少し力を入れて整備する事を考えた方が良いと思いますね。