平成29年6月18日傷害被疑者の逮捕(紋別署)

平成29年6月18日傷害被疑者の逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

紋別署は18日、今月11日に紋別市内の住宅において、40歳代男性の顔を蹴るなどして怪我をさせた運送業の男(52歳)を傷害で逮捕した。

続報

平成29年6月11日午後10時ころ、紋別市落石町の自宅で、40歳代の男性に、顔面等を足蹴りする暴行を加えた52歳の男を、6月18日逮捕しました。

それにしても不思議だ、11日の事件なのに逮捕が18日って1週間たっている。顔見知りの人の犯行であるなら警察に訴えるだろうか?もし顔見知りなら住所も分かっているだろうから、直ぐに逮捕されていたと思われるのですが、一週間逮捕に時間が掛かった理由を推測すると、業務上のトラブルで犯人の特定に時間が掛かったと考えるのが妥当な気がしますね。

続報を見てみると、夜の10時に顔面を蹴ったと書いてあるので、酒を飲んで酔っていたのでしょうか?それにしても凶暴極まりないですね。

けがをさせた運商業の男にも言い分が有ろうが、警察沙汰になり逮捕される程に怪我をさせた事を考えると、短気な性格だったのか、非常に根に持っていた事によるものかもしれない。

最近は年齢の高い人が加害者として警察に逮捕される事件が多い気がするなぁ。