平成29年6月7日職員の起訴休職処分について(紋別市役所)

平成29年6月7日職員の起訴休職処分について(紋別市役所)

紋別市HPより

以上の様に、紋別市のHPに掲載がされております。

処分年月日は起訴された日である平成29年6月2日となっていますが、以下の様に掲載された日付が2017年6月7日となっており、掲載までに5日係っている事が分かります。

紋別市HPより

根拠法令として地方公務員法第28条第2項第2号となっているので確認してみると以下の様になっています。

(降任、免職、休職等)
第二十八条  職員が、次の各号に掲げる場合のいずれかに該当するときは、その意に反して、これを降任し、又は免職することができる。
一  人事評価又は勤務の状況を示す事実に照らして、勤務実績がよくない場合
二  心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合
三  前二号に規定する場合のほか、その職に必要な適格性を欠く場合
四  職制若しくは定数の改廃又は予算の減少により廃職又は過員を生じた場合
2  職員が、左の各号の一に該当する場合においては、その意に反してこれを休職することができる。
一  心身の故障のため、長期の休養を要する場合
二  刑事事件に関し起訴された場合
3  職員の意に反する降任、免職、休職及び降給の手続及び効果は、法律に特別の定がある場合を除く外、条例で定めなければならない。
4  職員は、第十六条各号(第三号を除く。)の一に該当するに至つたときは、条例に特別の定がある場合を除く外、その職を失う。

これにより、刑事事件で起訴された場合には休職が適切なんだな。などと思いがちですが、第二十九条では懲戒について次の様に規定されているのです。

(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合
2  職員が、任命権者の要請に応じ当該地方公共団体の特別職に属する地方公務員、他の地方公共団体若しくは特定地方独立行政法人の地方公務員、国家公務員又は地方公社(地方住宅供給公社、地方道路公社及び土地開発公社をいう。)その他その業務が地方公共団体若しくは国の事務若しくは事業と密接な関連を有する法人のうち条例で定めるものに使用される者(以下この項において「特別職地方公務員等」という。)となるため退職し、引き続き特別職地方公務員等として在職した後、引き続いて当該退職を前提として職員として採用された場合(一の特別職地方公務員等として在職した後、引き続き一以上の特別職地方公務員等として在職し、引き続いて当該退職を前提として職員として採用された場合を含む。)において、当該退職までの引き続く職員としての在職期間(当該退職前に同様の退職(以下この項において「先の退職」という。)、特別職地方公務員等としての在職及び職員としての採用がある場合には、当該先の退職までの引き続く職員としての在職期間を含む。次項において「要請に応じた退職前の在職期間」という。)中に前項各号のいずれかに該当したときは、これに対し同項に規定する懲戒処分を行うことができる。
3  職員が、第二十八条の四第一項又は第二十八条の五第一項の規定により採用された場合において、定年退職者等となつた日までの引き続く職員としての在職期間(要請に応じた退職前の在職期間を含む。)又はこれらの規定によりかつて採用されて職員として在職していた期間中に第一項各号の一に該当したときは、これに対し同項に規定する懲戒処分を行うことができる。
4  職員の懲戒の手続及び効果は、法律に特別の定がある場合を除く外、条例で定めなければならない。

菅原豪(47歳)容疑者が該当するであろう条文は

二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

であると思われます。

つまり、この法律を適用すれば、懲戒免職処分も可能であると思われます。

ただし、条文を適用する為には、宮川良一紋別市長が条文に違反したと判断する必要が有ります。

事実確認については、紋別市市役所内に於いても可能であろう事が予想出きます。宮川良一紋別市長があえて懲戒免職処分とせず、他力本願であり、かつ、処分に後ろ向きな刑事事件で起訴のみを適用しているに過ぎないと見る事が出来ます。

どうして、懲戒免職処分を避けるのでしょうか?

菅原豪(47歳)容疑者の父が市議だった事と関係しているのでしょうか?

彼の父は上渚滑町出身と聞いており、また、上渚滑町の佐藤木材(株)が宮川良一紋別市長支援団体と聞いておりますが、その関係でしょうか?

もしそうなら、ズブズブの関係により、宮川良一紋別市長は紋別市役所の市政を歪めたと非難されても致し方の無い事になると思います。

宮川良一紋別市長は説明責任を果たされた方が良いと個人的には思いますね。