平成29年5月12日加重収賄容疑で紋別市職員逮捕(道警捜査2課)

2017年7月7日

平成29年5月12日加重収賄容疑で紋別市職員逮捕(道警捜査2課)

北海道新聞HPより

【紋別】紋別市などでつくる鳥獣被害防止対策協議会が発注したエゾシカ捕獲用囲いわなの指名競争入札を巡り、落札業者に便宜を図った見返りに賄賂を受け取ったとして、道警捜査2課と紋別署などは12日、加重収賄容疑で、紋別市大山町1、同市職員菅原豪(たけし)容疑者(47)を逮捕した。

逮捕容疑は、市農政林務課に事務局を置く鳥獣被害防止対策協議会で実務を担当していた2013年ごろ、エゾシカ捕獲用囲いわなの購入に関する指名競争入札が行われたかのように不正に装い、石狩管内の業者に受注させた見返りに、業者から現金約100万円を受け取った疑い。道警は認否を明らかにしていない。

囲いわなは、エサで柵の中にエゾシカを誘って捕獲する仕組みで、この業者が約300万円で受注した。業者側の贈賄容疑は既に公訴時効(3年)が成立している。

同容疑者は16年度に農政林務課から都市建築課に異動した。

菅原豪容疑者の加重収賄も酷いが、業者側の公訴時効(3年)が既に成立しているって、酷くないか?

続報:

平成29年6月2日菅原豪容疑者を起訴(旭川地検)

平成29年7月3日詐欺、脅迫、暴行被疑者の再逮捕(紋別署)