興部町地域包括支援センター

興部町地域包括支援センター

興部町のHPでは上記の表示なのだが、グーグルの表示では「興部町福祉保健総合センター きらり地域包括支援センター・介護相談係・介護予防係」と実に長い名称の様で、施設の役割を表示しようとして長くなった様ですが、第三者的な立場であれなのですが、どちらもパットしません。

包括センターの役割としては

●総合相談事業(地域高齢者の実態把握と生活サービスの調整)
●介護予防事業(予防給付と地域支援事業のマネジメント)
●包括的・継続的ケアマネジメント
(支援困難事例を持つケアマネジャーへの個別・相談支援、地域包括ケアシステムとネットワークづくり)
●権利擁護事業
(虐待の防止や早期発見・消費者被害など、判断能力の低下した高齢者が、住み慣れた地域で自立できるよう支援する)

以上の様であるが、興部町が事業を行っている、いわゆるデイサービスセンターの様である。

「興部町地域包括支援センター」では高齢者を対象とした施設である事が伝わりませんし、「興部町福祉保健総合センター きらり地域包括支援センター・介護相談係・介護予防係」では長すぎます。

さらに調べてみると、以下は同じ施設なのですが、主権者不在か?と思わざる追えない。

「福祉保健課高齢者福祉係」が「福祉保健総合センター」と呼び
「介護支援課介護相談係」が「 在宅介護支援センター」と呼び
「介護支援課介護予防係」が「 地域包括支援センター」と呼んでいるらしく

施設の役割から名称を表記すると「興部町介護福祉センター」だけで十分内容は伝わると思います。介護サービス内容によって事業者の名称を異なる必要があるのは分かりますが、建物の名称をごちゃごちゃにしなくても良いのでは?と思います。