平成29年3月11日焼死火災の発生(紋別署)

2017年5月3日

平成29年3月11日焼死火災の発生(紋別署)

北海道警察HPより

11日午後4時2分頃、紋別市内の住宅で火災が発生し、室内から発見された男性の死亡が搬送先の病院で確認された。

NHK HPより

11日夕方、紋別市で住宅から火が出て男性1人が死亡しました。
火事のあとこの家に住む男性と連絡が取れなくなっていて、警察は亡くなったのはこの男性とみて調べています。
11日午後4時すぎ、紋別市緑町で近くを歩いていた人から「住宅から白い煙が出ていて炎も見える」と通報がありました。
火が出たのは木造モルタルの2階建ての住宅で、消防車など5台が出て火は1時間後に消し止められましたが、焼け跡から男性1人が見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。
警察によりますと、この家には男性が1人で暮らしていて、火事のあと、この男性と連絡が取れなくなっているということです。
警察は、亡くなったのはこの家に住む男性とみて身元の確認を進めるとともに、火事の原因を詳しく調べることにしています。

最近は火事が出ないように、又は、火事が出ても死者が出ない様に、色々な対策がされて来ていたと思うが、死者が出る火事が起きるなんて残念でしかない。

ちなみに、管理者が昔に住んでいたアパートの隣に有った一軒家で火事になった事が有った。

原因は、そこのお父さんが酒に酔っぱらって帰宅し、インスタントラーメンを食べようとしてガスコンロに鍋を掛けて、そのまま寝てしまい火事になったと言う事が有った。その火事で家が全焼したが、死傷者は無く不幸中の幸いだった。

皆さんも火の始末だけは十分に注意して欲しい。