平成28年12月13日住居侵入、強盗致傷被疑者の逮捕(紋別署)

2017年5月3日

平成28年12月13日住居侵入、強盗致傷被疑者の逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

紋別署は13日、紋別市内の住宅に侵入し、60歳代女性の身体を殴るなどして怪我をさせ、現金を奪った無職の男(42歳)を住居侵入と強盗致傷で逮捕した。

金に困って犯行に及んだのであろう事は想像出来るが、金に困って60歳代女性に怪我をさせて強盗に及びなんて頭が悪すぎだ。

普通は金に困りそうになる事は事前に予知出来ただろうし、金に困りそうな場合には事前に対策して金に困るのを回避するものだが、それを怠ったのであろう。そして、いよいよ金に困り、衝動的犯行に及んだ事も想像出来るが、自分のとった行動に対し、支払うべき代償が大きすぎる事すら想像すら出来なかったのであろう。

一般的には事件の裏には酒、金、女が絡んでくると聞いている。これらのモノは自分にとって良い影響も有るが悪い影響も有り、取捨選択が重要であり、基本は低きに流されるのではなく、自分を律し日々高きを目指す事が肝要であろう。