平成28年11月10日酒気帯び運転、無車検・無保険違反被疑者の再逮捕(紋別署)

2017年5月3日

平成28年11月10日酒気帯び運転、無車検・無保険違反被疑者の再逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

紋別署は10日、今月1日に紋別市内の道路において、酒気を帯びた状態で無車検・無保険の普通乗用自動車を運転した無職の男(28歳)を道路交通法違反、道路運送車両法違反と自動車損害賠償保障法違反で再逮捕した。

car_drinking

紋別市内で「酒気帯び運転等の防止を目的とした検問を実施いていた。」などの話を聞いた事がなかったので、酒を飲んで車を運転しても発覚しないであろうと考えていたのかもしれない事が推測されるが、酒を飲んで運転す事自体、人としてやってはいけない事を平気で行っている事であり、当人は色々な言い訳があるだろうが、全く自己弁護の理由とならない。

車運転する事は、人を死傷させてしまう可能性の有る機械を操作するのと同じである事を認識をしたほうが良いと思う。そう考えたら酒帯で機械を操作しようなどとは普通は思わないとおもう。

ただ、世の中には想定外の馬鹿がいるのも否定できない。