令和3年10月4日紋別市内で万引き被疑者を逮捕(紋別署)

令和3年10月4日紋別市内で万引き被疑者を逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

 紋別署は4日、本年9月に紋別市内の店舗において、食料品などを盗んだベトナム国籍で技能実習生の女(25歳)を窃盗で逮捕した。

普通に考えるなら、普通に万引きした女が悪いよね。で済むようですが、経済が良く無く、生活に困窮する女が飢えを凌ぐ為に万引きしたのであれば、起訴もされない可能性が考えられそうです。

以下は豚をパクって解体して食べちゃった、ベトナム人が不起訴になった事案について解説している動画です。

要は労働者に金を払いたくない経営者が、安易に国政に関与し外国人を雇った挙句、景気が悪くなった後の責任を放棄して、その付けを日本国民が払わされる結果になった。と言う事の様です。

既得権益まみれの団体が、国政に悪影響を与える事は、日本国民にとって害悪でしかない事が明らかなのだから、全ての団体が寄付や国政に関与すること自体を規制する必要があると思いますが、既得権まみれの現状で、これを代えた方が良い。などとという機運が生まれる事も無さそうです。

日本はどんどんと悪い方向へ流されて行きそうです。