令和3年6月9日紋別市内で窃盗被疑者を逮捕(紋別署)

令和3年6月9日紋別市内で窃盗被疑者を逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

 紋別署は9日、本年4月に紋別市内のコンビニエンスストアにおいて、現金を盗んだパート従業員の女(45歳)を窃盗で逮捕した。

これってコンビニ店舗のお金をパート従業員の女が盗んで逮捕された事件と認識して良いのかな?

今時のコンビニなんかでは防犯カメラが動作しているから、直ぐに足が付くと思いますし、会社の物を盗むと次の法律に触れる様です。

  • 窃盗罪(刑法235条) 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
  • 横領罪(刑法252条1項) 自己の占有する他人の物を横領した者は、5年以下の懲役に処する。
  • 業務上横領罪(刑法253条) 業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、10年以下の懲役に処する。

容易に窃盗をして被るリスクを考えたら、全く窃盗をする事自体が馬鹿のする事でしかありません。

豚箱維持も税金で維持されているので、そんな維持費にお金を掛けるより、島流しの刑の復興を望みますね。