令和2年8月16日、紋別市内で酒気帯び運転被疑者を逮捕(紋別署)

令和2年8月16日、紋別市内で酒気帯び運転被疑者を逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

 紋別署は16日、紋別市内の道路において、酒気を帯びた状態で普通貨物自動車を運転した無職の女(67歳)を道路交通法違反で逮捕した。

不思議と酒気帯び運転で逮捕される人が絶えないのは困ったものです。

酒気帯びで運転しても「自分は大丈夫」と思って運転しているのでしょうが、既に酒気帯びで運転しようとする事自体が、自制心の欠如を表している事に気付いてほしいですね。