紋別特別地域気象観測所

紋別特別地域気象観測所

こちらは気象庁により紋別市に設置された気象観測所の様です。

冬のアメダスで紋別市を見てみると、他の個所から比べて不思議な位に紋別市だけが温度が高く何故なのだろう?と思っていましたが、ココの気温などは確かに紋別市内の中でも暖かく温暖な立地だと思いますので、その影響もあって紋別市の気象は比較的に緩やかなのでしょう。

逆に落石町よりの北側は大山よりのおろしの風の影響か、雨、風、寒さのレベルが肌感覚で異なる気がしますし、夏の季節で他の地域は暖かいのに港町だけは浜風により肌寒かったりします。

やはり暖かい方が良いはずな場所な南が丘の町なはずなのに、人気に陰りが有り、寒いはずの渚滑町が新興住宅地として活気が有る気がするのは政治的な要因が大きいのでしょうか?