令和2年7月21日紋別市内で窃盗した被疑者を逮捕(紋別署)

令和2年7月21日紋別市内で窃盗した被疑者を逮捕(紋別署)

北海道警察HPより

 紋別署は21日、本年6月に紋別市内のガソリンスタンドにおいて、現金を盗んだ地方公務員の男(40歳)を窃盗で逮捕した。

NHK HPより

釣り銭窃盗容疑 猿払村職員逮捕

先月、紋別市にあるセルフ式のガソリンスタンドで、客が釣り銭機に置き忘れた現金4000円を盗んだとして猿払村役場に勤める40歳の男が警察に逮捕されました。

盗みの疑いで逮捕されたのは、猿払村地域交流課の主査、小田嶋修容疑者(40)です。
警察によりますと小田嶋容疑者は先月22日、紋別市落石町5丁目にあるセルフ式のガソリンスタンドで利用客の男性が釣り銭機に置き忘れた現金4000円を盗んだ疑いがもたれています。
警察が店の防犯カメラを調べるなどした結果、容疑が裏付けられたとして21日午前、逮捕しました。
調べに対して容疑を認めているということで警察では今後、事件のいきさつや動機を調べることにしています。
職員の逮捕について猿払村の伊藤浩一村長は「村の職員が逮捕されたことは事実であり、厳正に対応してまいります。村民の皆様をはじめ、関係各位の信頼を裏切る行為となったことにつきましてお詫び申し上げます」というコメントを出しました。

釣銭4,000円も猿払村の公務員がパクったのですか・・

いやはや、世も末な気がします。

しかし、たかだか4,000円で40年生きて来た人生が詰んでしまうのは、本当にお粗末な事だと思います。

やはり日頃から神様から見られている事を気にした方が良さそうですね。

ちなみに7月22日時点では以下の猿払村のHPで逮捕の情報が公開されていない様です。

当然、HPで公開するのでしょうが何時になるのでしょう?