令和2年2月28日紋別市内にて交通死亡事故が発生(紋別署)

令和2年2月28日紋別市内にて交通死亡事故が発生(紋別署)

北海道警察HPより

 28日午後2時38分頃、紋別市内の道路において大型貨物自動車など3台が絡む交通事故が発生し、軽四輪貨物自動車を運転していた76歳男性ほか1人の死亡が搬送先の病院で確認された。

元警察官が教える北海道ブログより

令和2年2月28日午後2時35分頃、北海道紋別市落石町7の国道238号線で、76歳男性が運転する軽トラックと64歳が運転する大型トラックが正面衝突し、その弾みで64歳が運転する大型トラックと24歳が運転する大型トラックが衝突した。

この事故で軽トラックを運転していた76歳の男性と助手席にいた75歳妻が全身を強く打ち、おそよ1時間後に搬送先である紋別市内の病院で死亡した。

大型トラックを運転していた男性2人は、いずれも軽傷であった。

現場は片側1車線の緩い坂道であり、事故当時は圧雪アイスバーン状態だった。
警察は坂道を上っていた軽トラックがスリップし、対向車線にはみ出したとみて調べている。

軽トラに乗った高齢者はリスクが高いと認識せざる負えない事故の様です。

別ソースの文章だと76歳男性と75歳妻の二人が亡くなった様な記事ですが、北海道警察の公式発表では一人の死亡なので差異が発生していまが、きっとブログ側の文章間違いなのでしょう。